fbpx
夢を諦めた30代40代へ、人生の後半戦を勝ち組に変えて自由を手に入れる方法はこちら!!

プロフィール

この記事は約13分で読めます。

 

はじめましてKubotaです。

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

 

埼玉県在住で、妻、子供、猫一匹の家族を持ったアラフォーパパです。

 

現在は、勉強会やワーク、セミナーなどの講師をしたり、

PCが苦手な人のための、WEBツールなどの使い方サポート、

また、オンライン起業コンサル、WEB集客・マーケティングコンサル

などを生業としています。

 

今は子供の成長が何より楽しく、そして同じくらい子育ての大変さも痛感しております。

 

今でこそ自由に時間を調節して、家族との時間を楽しく過ごせていますが、

ほんの数年前までは本当に辛く、大変な日々を過ごしていました。

 

夢を失くしたバンドマン

 

十代の頃からひたすらバンド活動をして、青春時代をすごしていました。

バンドも結成と解散を繰り返し、なかなか上手くいかずに苦労していましたが、

やがてインディーズレーベルから全国CDデビューを果たしました。

 

「一つ夢が叶った!」

 

と思ったのですが、実はそうでもなかったのです。

あがき、もがきながら夢を掴むために進んでいるうちに、

自分がやりたかったこととは違う道に逸れていたことに気がつきました。

 

そこらへんのことは割愛しますが、

その後いろいろあって結局バンドを脱退。

音楽で食べていくことを一度諦めることにしました。

 

この時点で、100万円ほどの借金もあったため、

まともな生活をするために派遣社員や契約社員として働く日々が続きます。

そして、多くの会社を渡り歩き、社会に絶望を覚えていくことになりました。

 

それはもう理不尽の連続です。

社会とは理不尽の巣窟なんだということを知りました。

 

真面目に働いていて、仕事の評価が良くても、

上司や先輩の「気に入らない」という思いだけで、

やってもいない悪事やサボりなどといった、嘘の報告を上司にされ、

意味もわからず敵が増えたり、あっさりと解雇されたり・・・。

 

しかも、これ1回や2回ではないんです。

 

また挽回しようにも、自分よりも長く働いていて信頼があるせいで、

僕の話をこれっぽっちも信じてもらえず、

先輩の話を全て鵜呑みにされてしまうんです。

 

それがわかってやっているんですよね、きっと。

本当、たちが悪いです。

 

「なんで自分ばかりこんな目にあうんだ・・・」

 

でも遡ってみれば、僕は小学校の頃もいじめられていました。

母子家庭だったこともあり、貧乏と言われたり、さんざんクツや上履きを隠されたり、

家の壁に落書きまでされました。

 

当時は母や姉に元気付けられ、勇気をもらい、

なんとか登校拒否まではいかずに卒業できました。

 

それがまた、社会で同じような目にあうとは思いませんでした。

元々人見知りで、臆病な性格でしたが、子供の頃以来、

また人間不信に陥りましたね。

 

普通にしていてもなぜか目立ちやすく、上司にしょっちゅう目を付けられるため、

それからはいかに個性を消して地味になれるかを追求していきました。

必要以外はほぼ無言だったり、人ともあまり絡まないようにしていました。

 

その結果、30歳過ぎてるのに「女性と付き合ったことあんの?」とか言われるくらい地味に(笑)

 

とはいえ、夢を諦め、会社でのストレスが蓄積されていき、

やがて死んだ魚の目のようになっていました。

 

「自分はいったい何のために生きているんだろうか・・・」

 

僕はミュージシャンという仮面を被っていたことで、

自信と夢を持っていただけに過ぎなかったんです。

 

仮面がはがれてしまえば、

夢も目標も何も無く、自分に自信も持てないただの派遣社員でした。

 

そのことに気づき、僕の心はどんどん荒んでいきました。

 

謎の腹痛に襲われる

 

そして契約社員として働いていた会社でとある出来事があり、そこから謎の腹痛に襲われるようになったんです。

胃カメラも腸カメラも行うも、異常なし

他の病院へいっても原因不明そんな中、やがて仕事にもいけなくなりました。

 

自分の症状をネットで調べていたときに、思い当たる節があり、

とある病院へ、そこで診断されたのは、「うつ病」と「社会不安障害」でした。

 

仕事にいけず、家から出ることも難しくなってしまった僕は、

1人暮らしをしていて、実家に帰る事もできなかったので、

家にいながらできる仕事はないかとネットで探しました。

 

そこでPC1台で稼いでるというブログを発見。

 

この時にアフィリエイトなどインターネットビジネスの存在を始めて知る

 

しかし「胡散臭いな、こんなんどうせ上手くいかないだろ」と無視

どうにか体調を整えつつ、働ける時に日雇いで働くという、酷い生活を送るようになりました。

案の定というか、この時期にだいぶ借金が膨れましたね…。

 

正直、この時はどうしたらいいのか全く頭も働かず、

ただただ、生きることだけを考えていました。

そこからは逃げることだけは絶対にしない。それだけを誓い、

少しずつ働ける時間を延ばしていきました。

完全に回復とまではいきませんが、一番の暗黒時代をどうにか乗り越え、

たまに休みをもらいながらも、フルタイムで働けるようになりました。

 

そんな生活の中で今の妻と出会い、こんな僕でも結婚することができました。

ちなみに妻はパニック症を抱えています。

低収入ながらも二人で支えあいながら生活を送り、やがて子供を授かりました。

難産

 

ですが、出産は簡単にはいきませんでした。

予定日よりも遅れた形で分娩室に入りましたが、

とにかく子供が出てこない・・・。

 

助産師と医者も手を尽くしてくれていたのですが、

その時に、羊水が濁っていることに気づき、胎盤剥離の可能性もあると、

緊急処置で帝王切開に切り替わりました。

 

手術室に向かう妻の背中を見送ることしか出来ませんでした。

あとは祈るのみです。

 

やがて、医者が戻ってきて、僕は元気な子供と対面することができました。

妻は全身麻酔のため、まだ意識が回復していませんでした。

 

そこで医者からの説明を聞いたときに、僕は驚愕しました。

 

子供がなぜ出てこなかったのか・・・、

それは首にへその緒が二重に巻き付いており、

しかも途中で絡まっていて、自然には解けない状態だったのです。

 

そして、胎盤剥離は起こしていなかったものの、

羊水は子供の汚物で濁っていたそうです。

陣痛が遅れていたことも関係しているそうですが、

とにかく、あと少し帝王切開の判断が遅れていれば、

いくつかの理由で子供は無事に産まれなかった可能性があったんです。

 

子供を胸に抱いたときに、熱いものが込み上げてきました。

長い時間、頑張ってくれた妻に、そして生きることを諦めなかった子供に、

「本当に、ありがとう」

僕は心から感謝しました。

 

出産後は妻の体調も悪くなりがちでサポートをしながら生活をするようになりました。

僕は仕事も休みがちになりましたが、育休とか無縁の派遣社員のため、

家庭の事情など関係なく、守ってはもらえませんでした。

 

生活もあり家庭を守るため、上司に頭を下げながらどうにか働き続けるも、

結局更新が切られることになったのです。

仕事なんて結局のところ数字で管理されているので、

仕事ができようが出来まいが、出勤率と稼働率でしか評価されません。

 

派遣社員なんて、替えはいくらでもいるんです。

 

30代後半にして無職

 

この先の未来のことをじっくりと考えました。

 

「やべぇ、無理かも…」

 

年齢的にも再就職が難しい。

また正社員となると、体調的なことでも働き続けることができるか不安。

しかも、子供はまだ小さいし、妻の体調も安定していない・・・。

 

派遣を続けるしかないが、先のことを考えると給与は上がらないし、

また新しい職場で新人からのスタート・・・。

 

正直絶望しか浮かんできませんでした。

 

でも、どうにかしないといけない。

家族の未来がこの手にかかっている。

そこで家でできる仕事はないものか、と思い、インターネットビジネスのことを思い出しました。

 

僕は社会の絶望と病気があったこともあり、自分は明るい未来を考えてはいけないんじゃないか、

といったよくわからないネガティブ思考があったため、未来について考えることから逃げていたんです。

でも実際は自分が歩き続けた後ろに未来がついてくるものだと、思いいたりました。

 

否定したい過去から逃げるのではなく、

望んだ過去を手に入れるためには、新しい未来を作り出すしかない、と気づいたのです。

 

一般的な生活、まともな社会人、僕はそういったことが苦手だったんです。

でもそこから逃げることが「正しいこと」ではないと思い込んでいたんです。

 

自分がやれることを仕事として、それで稼ぐことができれば、

それでいいんじゃないのか?

 

音楽を目指していた頃のマインド(根拠無き自信)を少しずつ取り戻し、

ネットビジネスをしていくためのマインドを構築していきました。

 

「僕のような存在は社会でのマイノリティなのかもしれない。

でもマイノリティならマイノリティなりの生き方、働き方があるはずだ」

 

そして、僕は世間一般的な「正しい」道ではなく、

自分を活かせる道を探し、ネットビジネスで稼いでいこうと決めました。

 

ですが、最初は右も左もわからないまま、とりあえずアフィリエイトを開始して、

教材を買ったり高額塾に入るも実績が上がらない日々が続きます。

 

何かがおかしい?

ノウハウコレクターに片足を突っ込みかけていたことに気づき、

マインドを鍛えなおす。

気合を入れなおし改めてアフィリエイターとしてネットビジネスへ挑戦するも、

全然稼げませんでした。

 

というか、やっていて、「これじゃない感」がすごいあったんです。

 

これを続けていくのか?

と思ったときに、違和感があったのです。

 

いくつもブログを立ち上げ、ひたすら記事を量産し続けていましたが、

ある時にすっぱりとやめました。

 

それから新しいことにも挑戦しながら、ネットの可能性を模索し研究を続けました。

ある教材がきっかけで、実際にネットで稼いでいる方にコンサルしてもらう機会があり、

その時にネットビジネスの裏の仕組みを知り、正しい戦略を行うことが大事だとようやく気づいたんです。

 

ようやく正しい方法、正しい手順を知ることで道は見えてきたんです。

 

独学だけで進めることの難しさをその時に知りました。

その後も、何人かの稼いでいる方と話すことができて、一気に成長できました。

もっと早くに自分にあったメンターに出会えていれば、稼ぐことも早くできたはずです。

 

そこからブログ、メルマガを再度構築して、自動化の仕組みを研究しました。

また派遣時代にPCのテクニカルサポートやスマホのカスタマーサポート経験があったので、

ネット以外のリアルでも講座や勉強会を始めました。

 

そしてネットとリアルで活動をしていく中で少しずつ収入が入るようになったんです。

「ああ、これでいんだな」と感じるものがありました。

 

0から1にすることが出来れば、後は掛け算で増えていきます。

そこから自分にできることを考え、顧客からのリクエストに答えているうちに、

収入が安定するようになりました。

 

僕は稼ぐまでに1年以上かかりました。

遠回りもしたし、長い方だと思います。

日雇いで仕事をしながら、仕事の無い日は家族のサポートをして、

夜中にビジネスの勉強や作業を行っていました。

 

正直、何度も諦めそうになりました。

でも自分にはもう他の道はないし、諦めずに続けることこそが大事だと、

自分に言い聞かせてきました。

 

ある意味、無謀な挑戦だったかもしれませんが、

妻は応援してくれました。

貧しく節約ばかりの日々でしたが、

「今が辛くても後で笑える日がくるよ」と、僕を信じてくれました。

 

今は子供も順調に育ち、妻もすっかり回復して、

家族との時間を楽しく過ごしながら生活ができるようになりました。

 

満員電車に乗ることもなくなり、不眠症で寝ずに仕事に行くこもなくなり、

毎日自分の体調と向き合わなくてもよくなったことが何よりも大きいです。

ストレス社会から開放されることで、精神的な安定感もでてきて、

目の前のもやが晴れました

 

今では、朝起きたら、近所のカフェにいって、モーニングを食べながら仕事を済ませ、

午後は家族と散歩したり、一緒にどこかへでかけたりしています。

子供が寝た後で、自由時間ができるので、必要があればそこで少し仕事をしたり、

自分の時間も作れるようになりました。

 

何をやってももう自分はダメかもしれない・・・

そんな時期からは想像もできないような毎日が送れています。

 

贅沢を言うならば、もっと早くネットビジネス始めていればよかったと思いますが、

自分の性格の場合、きっとそこまでの時間も必要なものだったのかな?

と今では思います。

 

 

最後に

ここまで読んでくれた方、お疲れ様です。

そしてありがとうございます。

 

ちょっと赤裸々に書きすぎました(笑)

あと読みづらくてすみません・・・。

 

僕がネット(オンライン)ビジネスを始めたきっかけの中に、

「社会弱者でも成功することは可能」といった思いがあり、

それを証明するために挑戦をし続けてきたのです。

 

世間一般的に当たり前と言われることが出来ない人間もいるんです。

そんな同じような経験を持った人たちにも、可能性を伝えることが出来るのではないか

といった思いもあります。

 

それに今は正社員でも安定しない時代になりました。

いつ何が起きても大丈夫なように、自分で稼ぐ力を身につける必要があります

 

僕がここまでに勉強してきたことや、実践してきたこと、ノウハウが、

少しでも役に立てればと思っています。

 

追伸

 

初心者から始める副業・週末起業のススメ!

自分の中にある知的財産をビジネスに変える

「自分ビジネス起業の教科書」を

無料でプレゼント中です。

是非手に入れてみてくださいね!

 

無料プレゼントを受け取る