fbpx
夢を諦めた30代40代へ、人生の後半戦を勝ち組に変えて自由を手に入れる方法はコチラ!!

アクセス数の少ないブログでも稼げる理由とその仕組とは

ネットビジネス
この記事は約9分で読めます。

ブログを始めてすでに一年以上経っているにもかかわらず、
アクセス数が伸び悩んで、一向に稼げない・・・

なんてことはありませんか?

 

ブログで稼ぐ方法にも複数の種類があります。
その中でも、アクセス数に依存してしまう稼ぎ方は注意が必要です。

アフィリエイトをやっているのであれば、
アクセス数は重要なポイントになってきますよね?

特にクリック型のアフィリエイトをやっているのであれば、
アクセス数が稼ぎに直結してきます。

 

ですが、先にも言いましたが、ブログで稼ぐ方法には、
複数の種類があります。

 

今回はアクセス数が少なくても稼げる手法について解説していきます。

WEBを使ったビジネスには必要不可欠とも言える内容なので、
是非、実践してみてくださいね。

アクセス数の少ないブログでも稼げる理由とその仕組

アクセス数が少ないということには理由がいくつかあります。

  • ライバルが強すぎる
  • キーワード選定ができていない
  • 需要が無い

大きな理由としてはこの3つが挙げられると思います。

 

ではこの状況を改善するにはどうしたらいいか、
上記の3つを反対に考えて見ましょう。

 

  • ライバルが少ない
  • キーワード選定でSEO対策をする
  • 需要がある市場を狙う

 

このようになります。

ですが、改善しても思うようにアクセス数が伸びない。
といったこともあると思います。

 

それはそもそもジャンル、コンセプト、ターゲットが、
間違っている、ズレている可能性があります。

 

少ないアクセス数でも突き刺さるブログとは

ブログを始めた多くの人が間違うパターンとして、

  • とにかくたくさんの人に見てもらいたい
  • 多くの人に共感してほしい

といった欲が最初から出てきてしまうことです。

ですがコレが大きな間違いなんです。

 

大手企業や、有名人、著名人であれば、
何をしなくてもたくさんのファンがいるので、
漠然とした内容でもアクセスを稼ぐことが可能です。

ですが、知名度がない、むしろこれから知名度を上げたいなら、
それは完全に逆効果です。

 

ではどうしたらいいのか?

 

これも反対のことをしたらいいのです。

要するに、ある特定の一部の人にしか響かない内容に絞る
ということです。

 

全体のアクセス数が少なくなると感じるかもしれませんが、
今現在アクセス数が伸びていないなら、試してみてください。

逆にアクセスが伸びる可能性があります。

 

さらに言えば、アクセス数で稼ぐわけではないので、
そこはさほど問題ではないんです。

 

少ないアクセス数でもできるマネタイズとは

もしアフィリエイトで稼げない、上手く稼げないのであれば、
自分の有料コンテンツを販売したほうが稼げます

 

難しく考える必要はありません。
例えば500円くらいの有料noteを販売することも可能です。

 

最初はとにかく何でも試すことが大事です。
ビジネスの世界に裏技はありません。

 

あったとしてもその多くはグレーというかブラックな手法です。

一番大事なのは、試してみてその結果を見るということ。

 

新しい試みをするには勇気がいるかもしれませんが、
成果のでないブログを長々と続けているなら、
一度試してみることをオススメします。

では、どうやって販売していくのか。
先の内容も含めて具体的に説明します。

ブログを改善させる3つのポイント

  • コンセプトを見直す
  • ターゲットを絞る
  • キーワードの最適化

最初はこの3つを徹底していきます。

これも最初は難しく考えないで大丈夫です。
それぞれ解説します。

コンセプトを見直す

ブログのコンセプトはなんですか?

複数の商品を扱っていたり、複数のジャンルの記事が混在していませんか?
であれば、一つに絞るべきです。

 

関連性のあるものなら、最大でも3つほどにするといいです。
ここでいう関連性とはターゲットに対して反応が取れるものです。

 

例えば、料理ブログなら、

  • レシピ
  • 調理器具
  • 時短テクニック

といったように、時間のない主婦層の反応が取れる内容ということです。

 

ターゲットを絞る

ターゲットを絞り、架空の人物像を作ることをペルソナといったりします。

 

年齢、性別、職業といった部分は誰もが想定すると思いますが、
ペルソナを作る場合はもっと詳細な部分まで作りこみます。

 

  • 一日のタイムスケジュール
  • 既婚なら結婚暦何年か、子供の年齢は、夫婦の関係性は
  • 独身なら休日の過ごし方、仕事終わりの時間から帰宅時間
  • 趣味や性格、友人関係は? など

本当に存在している人のように設定していきます。

 

難しいようであれば、過去の自分自身や、家族友人といった、
実在の人をペルソナに設定すると簡単です。

ペルソナが出来たら、その人だけに向けて記事を書きます。
ここが重要です。

 

誰にでもではなく、たった一人のペルソナ像に向けて、
その人に刺さる内容を書くということです。

キーワードを最適化させる

先に述べた『ターゲットを絞る』でなんとなく分かってもらえたかと思いますが、
キーワードも同じで、その人が気になりそうなタイトルを考えていきます。

 

SEO対策としては、実際に検索がされているキーワードを含めることが重要ですが、
それ以上に、タイトルを工夫することが必要です。

 

例えば、
キーワードが『主婦』『レシピ』なら、

  • 「時間のない主婦でも簡単に作れる時短レシピ」
  • 「料理が苦手な主婦にオススメ!簡単手抜きレシピ5選」

 

このように、キーワードをプラスして、3語ワードにすると、
内容が絞られていきます。

 

ここまで読んでもらえれば、考え方が理解できてきたかと思います。

 

例に出した料理ブログでいうと、
コンセプトとしては時短料理を扱った主婦向けのブログになりますね?

時短レシピや簡単レシピをメインに、
手抜き(これも時短と同じ)や、簡単で時短の調理器具や、
仕込みのテクニックを記事にするといった感じです。

 

ここでは『時間がない』『料理が苦手』といった人に向けて、
設定していることがわかると思います。

 

ただ料理のレシピではなく、
どんな人に向けた、どんなレシピなのか?
といった掘下げが重要になってきます。

マネタイズを仕組化させるには

ブログを改善して、アクセス数が変わらなかったとしても、
そこは安心してください。

しっかりと改善できていれば、アクセス数が変わらなかったとしても
ユーザーの質が全然変わってくるからです。

 

なんとなく辿りついた人と、明確な意思を持って辿りついた人では、
大きな差が有ります。

 

まずは少なくてもいいので、刺さる人にだけ見てもらえるブログにするのが、
重要になってくるからです。

 

ここで濃いユーザー(見込み客)からのアクセスが入るようになれば、
マネタイズは意外と簡単にできます。

 

アフィリエイトの場合

記事で紹介している時短に使える調理器具。
また料理が苦手でも簡単に使える調理器具のリンクを貼る。
(アマゾンや楽天など)

さらにオススメのレシピ本があれば紹介してもいいでしょう。

ですがオススメは、自身をブランディングさせていくことです。
要するに、独自商品を作るということですね。

 

独自商品を販売してみる

最初のほうに書きましたが、有料noteは簡単に出せるので、
ここでレシピ集などを販売してもいいと思います。

まずは購入しやすい金額設定にして様子を見てみましょう。
とにかくデータを取ることが大事です。

売れれば第二弾や少し内容を変えたものを出してみると、
よりデータが取れると思います。

 

方法は簡単で、ブログのトップやサイドバー、
記事の下などに、noteの紹介とリンクを入れるだけです。
あとはnote側で販売してくれます。

 

BASEでも同様のことができるので、自分にあったプラットフォームを
選んでみてください。

少ないアクセス数でも大きく稼ぎたい場合は?

商品がある程度売れたら、一部の人に需要があることがわかります。
そこから展開させていきましょう。

ブランディングが出来てきたら、ブログの著者にファンができます。
そうすると、著者本人への興味を持ったユーザーが出てきます。

 

今回は料理を例に出していますが、どんなジャンルでも同じ展開ができます。

◆マネタイズの展開例

  • 直接教える場を作る
    ⇒講座、セミナー、教室
  • 個別に直接教える
    ⇒個別講師、個別コンサル、コーチ
  • コミュニティを持つ
    ⇒オンラインサロン

 

最終的に上記のような商品を持つことで、
売上が跳ね上がります。

 

集客が安定してきたら、それだけで生活することも可能です。

資金をかけずに大きな売上を出せるのが、
WEBビジネスの強みですね。

まとめ

全体のアクセス数が少なくても、一部の人に刺さる、
一部の人には喉から手が出るほど欲しいもの、
それがビジネスの上手な組み方です。

 

始めて間もない、実績がない、そんな人にこそ実践して欲しい内容です。

 

最初は絞りすぎることに不安があるかもしれませんが、
失敗は成功の元です。

 

むしろ最初から一発で成功する人の方が稀です。

 

絞りきれないなら、それぞれを個別で試してみることで、
数字が答えを出してくれます。

もちろん時間はかかりますが、成果のでないことをダラダラ続けた結果、
諦めてしまうことに比べれば、断然効率がいいと思います。

 

ジャンルやターゲットが絞りきれないなら、
反応の早いSNSなどでテストしてみるのもいいですね。

 

意外と需要があるんだな、と自分では気付けなかったことが
発見できるかもしれません。

まずは行動することが大事ですが、ただ闇雲に動いても意味がないので、
ある程度の計画や憶測を立てて、『すべては実験』といった、
負けることの無い思考で進めていくことが大事だと思います。

 

コメント