fbpx
夢を諦めた30代40代へ、人生の後半戦を勝ち組に変えて自由を手に入れる方法はこちら!!

時間がない?時間を作る方法とは

マインド
この記事は約6分で読めます。

 

「ネットビジネスに挑戦してみたいけど時間がないからな」

「勉強して知識をつけたいけど、なかなか時間がなくて」

「メルマガの記事やブログの記事を書くにも時間が…」

 

といったように、「時間がない」と言う方が多くいます。

ですが、「時間がないから出来ない」というのは、言い分けです。

 

成功している人は、そんな人よりもさらに忙しく動き回っていたりするものです。

あの人はどうやってそんなに時間を作っているんだろうか?

そう思ったことはありませんか?

時間の概念について

 

人は平等に一日24時間という時間を与えられています。

暇を持て余している人でも24時間ですし、仕事で残業している人も24時間です。

 

では暇な人ほど圧倒的に時間があるじゃないか、と思いますよね?

でも実際に平等な時間であっても、その質で大きく価値が変わってきます。

 

例えば

暇な人は時間があっても、やる気がないので、時間を効率よく使えません。

残業で帰りも遅いサラリーマンは、空いた時間を作れないため、他のことができません。

 

なんとなくわかりますよね?

では成功している人はどうか?

 

何もしなくても月収100万円振り込まれるため、普段は暇な人。

年収億超えで、いつも忙しく動き回ってビジネスをしているため、帰りも遅い人。

 

この両者が一日に使っている時間は同じです。

それなのに、これだけの差が開いてしまうのはなぜでしょうか?

これが時間の「質」です。

 

限られた時間をどう使うのか、何のために使うのか、が重要です。

そして、隙間時間の見つけ方、その時間の使い方。

ここが上手いと下手では雲泥の差です。

 

人は感覚によって一日24時間ではなくなることがあります。

暇な人ほど時間の経過が長く感じ。

忙しい人ほど、時間が経つのが早いです。

 

さらには嫌な時間は長く、楽しい時間は早い。

感じたことありませんか?

 

それでも、現実的には同じ時間が流れているのです。

 

成功者の時間

 

成功者は何よりも時間を大切にしています。

お金と時間のどちらが大事かを聞くと、成功者はその誰もが時間と答えるそうです。

 

なぜなら、「お金は取り戻せる」けど、「時間は失うだけ」だからです。

 

確かにお金は失ってもまた稼げますよね?

でも時間を失うと、もう取り戻すことが出来ないんです。

 

だから、無駄なことに時間を使いたくないんですよね。

お金持ちの方や成功者は、スピードを大事にしており、即断即決が基本です。

迷うなら、むしろ止めるという選択になります。

 

そんな成功者でも、やはり時間は同じ24時間です。

ではどうやって時間を作っているのか?

 

それは実は単純で、「自分がやらなくていいことは人に任せる」そして、「時間がかかることはお金で解決」です。

 

ビジネスでいうところの、人に任せるというのは外注です。

全て自分でやる必要なはいので、出来る人に外注してやってもらうということです。

そうすることで、仕組みを止めることなく、自分は新しいことができます。

 

お金で解決も同じようなことですが、ここでいうお金は「投資」のことです。

自分で勉強するには時間がかかる、その時間を短縮したい。

そういった時に、専門のコンサルをつけることで、最短でその道を習得できると知っているからですね。

 

同じ時間を過ごしていても、時間の「質」の違いはこういったところで出てきますね。

 

時間の作り方

 

仕事もやめられない、お金もかけられない…。

では同じ時間を生きている中で、どうやって時間を作ればいいのか?

 

もしあなたが「時間がないから…」というのであれば、一日のタイムテーブルを書き出してみてください。

さらに平日と休日が違う生活ならそれも含めて、一週間分書き出してみてください。

 

起床、朝食、準備、通勤、昼食、休憩、退勤、同僚と飲み、帰宅、お風呂、就寝。

といったものが基本になってくると思います。

 

それぞれ何時から何時まで時間を使っているのか、できるだけ詳細に書いてみましょう。

まずはここからです。

 

「あれ?こんなことにこんなに時間を使っていたのか?」と思うはずです。

きっと、改めて書き出してみるだけで、自分の使っている時間が見えてくるはずです。

これは客観的にタイムテーブルを見ることで、俯瞰して内容を捉えることができるからです。

 

時間を削る

 

書き出したタイムテーブルから、時間を短くできるもの、また不要なものは削ってしまいましょう。

 

例えば、

  • 睡眠時間が8時間なら6時間してみる。
  • 同僚と飲みに行くのをやめて、真っ直ぐ家に帰る。
  • お風呂に50分とっているなら、30分にしてみる。

といった具合ですね。

 

何のために時間を削るのかにもよりますが、ビジネスを始めたいけど時間がないというのであれば、上記のものは削れますよね?

それすらも削れないというのであれば、きっと向いていないということです。

 

  • 現状を打破したい
  • 新しい自分になりたい
  • 自分の力で稼げるようになりたい

 

そういった強い思いがあれば、時間の捉え方が変わってくるはずです。

その「質」の意味がわかってくるはずです。

 

さらに極端なことを言えば、家から職場が遠いなら「近くへ引っ越す」ことでも時間を作ることができます。

また、残業ばかりで早く帰れない、その残業がムダな時間と思うのであれば転職をオススメします。

 

「削る」ということは、何のための時間を優先するかです。

本気で現状を変えたいというのであれば、「言い訳」をせずに、そのための行動をすることが重です

 

時間を効率的に使う

 

タイムテーブルから割り出して、「ながら」ができる時間を見つめる。

そこでオススメなのが、音声学習です。

通勤時間が長いのであれば、音声学習が非常に効果的です。

 

ビジネスや語学などの教材を、mp3型式などにして、スマホに入れればいつでもどこでも聞けます。

さらに繰り返し聞けるので、脳に刷り込まれていきます。

食事の時間や、お風呂の時間にも、音声や動画を流すことで、勉強することができますね。

 

もちろん本でもいいです。

 

ただ、本だと手を使いながら、視覚で文字を捉え、脳で理解する過程があります。

そもそも読書が苦手な人だと、最後まで読めないといったこともあります。

それが音声であれば、ただ「流しているだけ」でいいので、とても簡単です。

 

両手も使えるので、「ながら」学習に向いていますね。

繰り返し聞いているうちに内容もどんどん理解できるようになってきます。

 

まとめ

 

まずは、一日の中で不要な時間を削り、他の事に使えそうな時間を見つけてみましょう。

そして「ながら」を取り入れることで、時間を効率的に活用できると思いますので、是非試してみてください。

 

また、多少のお金があれば、「自己投資」と「外注」に使うことで、早く稼ぐ仕組みを作ることができますね。

 

 

無料プレゼント
副業・週末起業のススメ!
ゼロからでも始められる! 自分の中にある知的財産がビジネスに変わる 『自分ビジネス起業』とは? 無料のebookプレゼント中!!
マインド
Re Life Notes 人生を変える成功のヒント

コメント