fbpx
夢を諦めた30代40代へ、人生の後半戦を勝ち組に変えて自由を手に入れる方法はこちら!!

メルマガにも使える?ラポールの形成とは

ビジネスに使える心理学
この記事は約3分で読めます。

ラポールとは本来、カウンセラーとカウンセリングを受ける人との間に、

信頼や安心の関係を構築する「かけ橋」を意味する言葉です。

 

このラポールの形成ですが、実はメルマガでも同じような効果を生むことができるんです。

どういうことか解説しますね。

 

 

メールは第一印象が大事

 

ラポールを形成する際には、カウンセラーが相手の動作を真似たり、呼吸を合わせたり、

また、会話の中で共通項を見つけたりして、相手と同調することが大事になってきます。

 

メルマガ執筆者とメルマガ読者の場合だと、メールでしかアクションが起こせないので、

相手から同調してもらうように誘導する必要があります。

 

まずは第一印象が大事!

 

メルマガでも最初の一通目でその後も継続して読んでもらえるかが決まると言われます。

そのため、一通目にはじっくり時間をかけていいので、最高傑作になるような文章を心がけましょう!

 

プロフィールの重要性

 

プロフィールはあっさりでいいと言われることもありますが、

濃いファンを作るためにはむしろ逆です。

 

プロフィールこそ一番大事と言っても過言ではないです。

それは何よりも読者が一番同調しやすい内容になるからです。

例えば、

  • 年齢
  • 誕生日
  • 出身地
  • 趣味
  • 家族構成
  • 前職
  • 失敗談
  • ペット

などなど・・・。

全てを細かく書く必要はないですが、これらの情報を含めることで、

読者に自分との共通項を見つけてもらえるようになります。

 

「あ、この人同じ出身地だ」

「この人もギターが趣味なんだ」

「わかるわ?、同じ失敗したな?」

「猫好きに悪い人はいない!」

 

といったように、急に親近感がわくことがあります。

そうすると、自然と警戒心が溶けていき、もっと話を聞いてみたい。この人と話をしてみたい。

といった感情が出てきます。

 

まとめ

 

メールはコミュニケーションツールです。

なので、「誰の」メールを読んでいるのか、「誰と」メールをしているのか、が大事になってきます。

 

受け取っている側からしたら、自分に対してメールをくれている、といった思いがあります。

そのため、メルマガを配信する際は、ターゲットを明確にして

ただ一人のために送るようにすることで、よりラポールが形成されるといえます。

 

このラポールの形成に加え、その後のメルマガによるザイオンス効果も重なれば、

より親近感がわき、より濃いファンが作れるようになります。

 

知ってみれば「な~んだ、そういうことか」となるかもしれませんが、

意識するのとしないのでは大きく結果は異なってきますので、

是非とも意識して取り組みましょう!

 

 

コメント